News Scan

宇宙線をつかまえろ

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150106b

新型観測装置の準備が進む

宇宙線は光速に近いスピードで宇宙のあらゆる方向から飛んできて地球にぶつかる。この荷電粒子は宇宙の放射の中で最も高エネルギーだが、発生源は不明だ。天体物理学者らは、高エネルギー宇宙線は遠い銀河の超大質量ブラックホールか、ビッグバンでできた粒子の崩壊から生まれたと推測している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度