News

見直され始めたファージ療法

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140910

原文:Nature (2014-06-05) | doi: 10.1038/510015a | Phage therapy gets revitalized

Sara Reardon

抗生物質耐性問題が拡大し続けていることを受け、100年の歴史を持つファージ療法への関心が再燃している。

バクテリオファージは、薬剤耐性細菌感染と戦うための手段になるかもしれない。

ELIAVA INST.

数十年の間、「鉄のカーテン」の向こうの患者たちは、西側世界で開発された極めて強力な抗生物質の一部を利用することができなかった。その対策としてソビエト連邦は、感染症を治療するための「バクテリオファージ」(細菌を殺すウイルス)の利用に多額の投資を行った。ファージ療法は今なおロシア、グルジア、ポーランドで広く利用されているが、それ以外の場所では全く普及していない。「ウイルスなので、みんな怖がるのです」と話すMzia Kutateladzeが科学評議会の議長を務めるエリアバ研究所(グルジア・トビリシ)は、100年近くにわたってファージを研究し、患者の治療に利用している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度