News & Views

耐性菌の抗生物質耐性を無効化する天然物

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140924

原文:Nature (2014-06-26) | doi: 10.1038/510477a | To the rescue of old drugs

Djalal Meziane-Cherif & Patrice Courvalin

カルバペネム系抗生物質は現在、重篤な感染症に対する最後の砦であるが、耐性菌の急増が世界的な公衆衛生問題になっている。今回、真菌の一種が産生する天然化合物が、カルバペネム系抗生物質耐性細菌の、カルバペネム耐性を無効化させることが分かった。

図1:アスペルギロマラスミンA(AMA)の化学式
AMAは、約50年前に葉のしおれに関連する天然物として発見されたが、今回、耐性菌の抗生物質耐性を無効化できることが示された。

Ref.2

細菌における抗生物質耐性の出現とその蔓延は、人類の健康を世界的に脅かす可能性がある。抗生物質耐性を克服するためには、新規の抗生物質、もしくはそれを超えた戦略が急務である。そしてこうした戦略には、感染症治療を継続して行えることを保証するものであり、かつ感染症のリスクを伴う臓器移植、化学療法および手術などの医療処置の実施を保証するものであることが求められる。抗生耐性克服のためのアプローチの1つとして、抗生物質を、細菌の抗生物質耐性機構を標的とする化合物と併用し、その抗生物質の活性を増強する方法がある1。今回、マックマスター大学(カナダ)のAndrew Kingらは、このアプローチに使用できる化合物を発見し、Nature 2014年6月26日号503ページに報告した2。Kingらは、真菌の一種が産生する天然物のアスペルギロマラスミンA(AMA)が、腸内細菌科の細菌に抗生物質耐性を付与する酵素の急速かつ強力な阻害剤であることを見いだしたのだ2(図1)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度