News

日光浴には中毒性がある!?

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140905

原文:Nature (2014-06-19) | doi: 10.1038/nature.2014.15431 | Sun-seekers court addiction

Heidi Ledford

マウスを低用量の紫外線に長期間さらすと、βエンドルフィンというオピオイドが産生されることが明らかになった。この物質は薬物依存症にも関連している。

紫外線への依存症は、一部の日焼け愛好者がリスクを十分に承知していながら日光を追求し続ける理由を説明するのに役立つ可能性がある。

Thinkstock

快晴のビーチには、単なる楽しみや気晴らしを越えた魅力があるのかもしれない。紫外線に曝露したマウスが依存症に似た行動を示すことが明らかになったのだ。この成果は、2014年7月19日にCellに掲載された1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度