Seven Days

地球磁場の減衰が衛星観測で明らかに

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140913

原文:Nature (2014-06-26) | doi: 10.1038/510448a | Satellites show magnetic field in decline

DTU SPACE/ESA

欧州宇宙機関(ESA)の地磁気観測衛星SWARM(スウォーム)の初めての観測結果が2014年6月19日に公開され、地球の磁場が平均で100年間に約5%の割合で弱まっていることが分かった。地球の磁場は、太陽から放出される荷電粒子などから地球を守る働きをしている。SWARMは同一の3機の衛星からなり、2013年11月に打ち上げられた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度