News

地球の呼吸を探る、NASAの炭素観測衛星OCO-2

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140908

原文:Nature (2014-06-26) | doi: 10.1038/510451a | NASA carbon-monitoring orbiter readies for launch

Lauren Morello

7月に打ち上げられたNASAの軌道上炭素観測衛星OCO-2は、これまでになく高い精度で温室効果ガスの排出源と吸収源のマッピングを行う。

光合成の際に放出されるクロロフィル蛍光を衛星イメージングで捉えたもの。穀物の生産量の多い米国中西部が強調されている。

NASA GODDARD SPACE FLIGHT CENTER

全てが計画どおりにいけば、NASA(米国ワシントンD.C.)は2014年7月1日に炭素観測衛星を打ち上げる予定である。これが成功すればNASAにとって最初の炭素観測衛星になるが、実は5年前に同種の衛星の打ち上げに失敗しているので、打ち上げ自体は2回目だ(訳註:7月1日の打ち上げは発射台のトラブルのため直前になって延期されたが、翌2日に無事に打ち上げられた)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度