News

卵の模様でカッコウの托卵に対抗

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140904

原文:Nature (2014-06-23) | doi: 10.1038/nature.2014.15443 | Patterned eggs fend off cuckoo usurpers

Katia Moskvitch

カッコウの托卵被害に遭っている鳥たちが自らの卵を守るために描き出した戦略が、視覚認識ソフトによって明らかになった。

Thinkstock

カッコウ科の鳥は、他の鳥の巣に卵を産みつけ、抱卵や子育てを巣の主(host;仮親)に押し付ける「托卵」という寄生行動をすることで悪名高い。一方、一見無力な被害者に見える仮親たちも、侵入者の卵を発見しやすいよう、自分の卵を見分ける際に目印となる特徴的な模様を進化させることで托卵鳥の寄生に対抗していることが知られている。今回、パターン認識ソフトを使った研究から、仮親がこうした模様を作り出すために用いるさまざまな戦略が明らかになり、2014年6月18日付のNature Communicationsで発表された1。この研究ではまた、鳥類の視覚情報処理の仕組みに関する知見も得られた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度