News

「にがり」で太陽電池製造過程の安全性が向上

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140902

原文:Nature (2014-06-25) | doi: 10.1038/nature.2014.15464 | Bath-salt chemical promises safer solar cells

Richard Van Noorden

テルル化カドミウム太陽電池製造過程で必要な塩化カドミウム処理を、塩化マグネシウム処理で置き換え可能なことが示された。

Thinkstock

テルル化カドミウム(CdTe)太陽電池の製造に使用される「塩化カドミウム(CdCl2)」は、高価な上に毒性のある物質だ。これを、豆腐の凝固剤や、バスソルトとして使用される「塩化マグネシウム(MgCl2)」というありふれた物質で代用可能であることが、リバプール大学(英国)のJon Majorらによって示され、2014年6月25日にNatureオンライン版に掲載された1。この意外な発見に全ての専門家が納得した訳ではないが、Majorらは「CdTe太陽電池がより安全により安く製造できるようになるだろう」と話す。CdTe太陽電池は薄膜太陽電池の一種で、世界の太陽光発電市場で5%のシェアを占める。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度