News & Views

血液脳関門を通過できる2つのルート

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140829

原文:Nature (2014-05-22) | doi: 10.1038/nature13339 | Double function at the blood–brain barrier

Christer Betsholtz

血液脳関門では、脳への脂質の輸送と、トランスサイトーシスによる分子の輸送が行われているが、この2つの過程がどちらもMfsd2aという1つのタンパク質によって調節されていることが明らかになった。

血液脳関門(BBB)は諸刃の剣である。BBBは、脳の血管と脳細胞の間での物質交換を制限する機構で、神経機能に最適な環境を常に維持するのに役立っている一方、BBBがあることでほとんどの薬剤が血流から脳内へ移行できないため、脳を対象とする治療において大きな障壁でもある。BBBの血管内皮細胞は、密着結合により間隔が非常に狭くなっている。そのためBBBは、物理的な障壁として存在するとともに、脳に必要な分子と不要な分子の通過を調節する選択的な輸送系を併せ持つ。Nature 2014年5月22日号に、BBBについての我々の基本的な理解を大きく前進させる2つの成果が報告された。L. W. Nguyenらは、必須のオメガ3脂肪酸がBBBを通過して輸送される仕組みを明らかにし1A. Ben-Zviらは、血液中の血漿成分が脳へと輸送されないように制限する機構を明らかにした2

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度