News

深まるクシクラゲの謎

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140814

原文:Nature (2014-05-22) | doi: 10.1038/509411a | Jelly genome mystery

Ewen Callaway

クシクラゲの概要ゲノム配列が発表され、独特の神経系が洗い出された。他の生物とはあまりに異なる神経系が明らかになり、さらに謎が深まっている。

Pleurobrachia bacheiの概要ゲノム配列が得られ、一般的な遺伝子の多くが欠如していることが明らかになった。

LEONID L. MOROZ/MATHEW CITARELLAGENOMICSJelly

クシクラゲ(有櫛動物)は、ミラーボールを小型化したような姿をしており、特殊化した毛を使って海中を泳ぎ回り、粘着性の触手で小さな獲物を捕らえる。「まるでエイリアンです」とフロリダ大学(米国セントオーガスティン)の神経科学者Leonid Morozは言う。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度