News

再注目されるRNA干渉の臨床応用

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140708

原文:Nature (2014-04-24) | doi: 10.1038/508443a | RNA interference rebooted

Erika Check Hayden

遺伝子サイレンシング技術から肝臓関連の障害に有望な治療法が得られた。

2006年にノーベル生理学・医学賞が贈られた遺伝子サイレンシング技術「RNA干渉(RNAi)」は、スタートこそ多難だったが、このところ勢いを増している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度