News & Views

高齢者の脳を保護する因子

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140625

原文:Nature (2014-03-27) | doi: 10.1038/nature13214 | A protective factor for the ageing brain

Li-Huei Tsai & Ram Madabhushi

RESTと呼ばれるタンパク質が、加齢脳でのニューロンの細胞死の抑制と、高齢者の認知能力の維持に中心的な役割を果たしていることが明らかになった。

アルツハイマー病は認知症の主な原因である。米国では、65歳以上の人のおよそ13%、そして85歳以上の高齢者の約3人に1人がアルツハイマー病にかかっている1。現状ではアルツハイマー病に対する効果的な治療法がないため、人口の高齢化に伴ってその患者数は急増すると予想される。しかし、解剖学的にも分子レベルでもアルツハイマー病の特徴を示しているにもかかわらず、認知能力が衰えない人々もいる。これはなぜなのか。今回、ハーバード大学医学系大学院(米国マサチューセッツ州ボストン)のTao Luら2は、この重要な疑問への答えの可能性となる研究成果をNature 2014年3月27日号に報告した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度