News Scan

進化の小さな助っ人

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140508a

ある淡水魚の適応を助けたタンパク質分子

生物にランダムな遺伝的変異が起こり、最も有利なものが自然によって選択されるというのが、進化の古典的な考え方だ。この考え方にひとひねりを加えた研究が最近、Scienceに掲載された。生物集団のゲノムに生じた変異は、ゆとりのあるときには隠れているが、ストレスの多い状況になると表れて、適応を助けるのかもしれないという。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度