News & Views

肝臓修復のカギは血管からのシグナル

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140527

原文:Nature (2014-02-20) | doi: 10.1038/506299a | Take the brakes off for liver repair

Andrew G. Cox & Wolfram Goessling

損傷した肝臓の修復において、血管の内壁を覆う内皮細胞が産生するタンパク質が、細胞増殖のタイミングを調節していることが突き止められた。この発見は、組織再生において血管からのシグナルが重要な役割を担っていることを示す、新たな実証例である。

肝臓は優れた再生能力を持つ組織である。この再生能は、さまざまな因子が織り成す「シンフォニー」によって調整されており、肝臓の代謝やタンパク質合成が正確かつ最適なタイミングで回復できるのは、これらの因子の綿密な協調のおかげである。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度