News Feature

様変わりする世界の霊長類研究

欧州の研究者は、動物保護活動家による激しい攻撃から霊長類研究を守るための政治的勝利をようやく勝ち取った。だが、一部の地域では、それが骨抜きにされようとしている。

拡大する

DENVER POST/GETTY IMAGES

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140514

原文:Nature (2014-02-06) | doi: 10.1038/506024a | The changing face of primate research

Alison Abbott

ブレーメン大学(ドイツ)の神経科学者Andreas Kreiterが、第二子を出産した妻とともに病院から帰ってきたときのことである。彼の妻が、自宅に届いていた一通の封書を開けて読んだところ、そこには「3歳になる長男を殺害する」と書かれていた。それは、Kreiterの人生において、最も血の気の引く出来事であった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度