News

健常者10万人を調べるプロジェクト

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140512

原文:Nature (2014-02-13) | doi: 10.1038/506144a | Medicine gets up close and personal

W. Wayt Gibbs

長期的な試験により健常者を詳細にモニタリングし、その結果に対処するよう頻繁に働きかけることで、究極の個別化医療を実現しようという取り組みが始まった。

HPWPは、病気を初期のうちにたたく、究極の個別化医療につながる可能性を秘めている。

Credit: ISTOCK/THINKSTOCK

非営利団体であるシステムズ生物学研究所(ISB;米国ワシントン州シアトル)の創設者で所長を務めるLeroy Hoodは、自らがP4医療と呼ぶものの話が好きだ。それは、predictive(予測的)、 preventive(予防的)、personalized(個別化)、participatory(参加型)のヘルスケアのことだ。今日の医療では、基本的に病気の症状に促されて医療介入が行われるため、医療介入は低頻度で病気に関連のあるもののみになっている。それに対してHoodは、全ゲノム配列解読とバイオマーカーをフル活用した連続的な健康管理によって、病気が足場を固める前にそれを治すことを提案している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度