Japanese Author

CRISPR法が世界を変える!

徳島大学・野地澄晴 他

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140418

標的とする遺伝子のDNA配列を改変できるゲノム編集技術が開発され、注目を浴びている。この技術によって、さまざまな生物種で遺伝子ノックアウトなどが可能になるのだ。また、2014年3月14〜16日に徳島大学で国際的なゲノム編集シンポジウムが開催されるに当たり、シンポジウム直前の徳島大学の研究者たちに、この技術の持つ意味と可能性について解説していただいた。また、ラットにおけるゲノム編集技術について、京都大学の真下知士准教授にお話を伺った。

–– ゲノム編集技術は、どのようなことに使えますか。

野地: 大いに期待されるのは、例えば遺伝子のノックアウト実験でしょう。特定の遺伝子を破壊して、その影響を調べるもので、遺伝子研究で必須の重要な実験法です。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度