News & Views

造血幹細胞にも性差がある

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140426

原文:Nature (2014-01-23) | doi: 10.1038/505488a | Sex specificity in the blood

Dena S. Leeman & Anne Brunet

血球を作り出す造血幹細胞は、エストロゲンに応答して、雄より雌のマウスでより頻繁に分裂することが分かった。これはおそらく、雌が妊娠時により多くの血液を必要とするようになることに備えているためだろう。

雄と雌では、生殖器だけでなく、性的二型性を示す組織(乳腺や脳や筋肉など)にも違いが見られる。そのような組織では、自己複製能を持ち、分化した細胞を作り出して組織の維持と修復を行う「幹細胞」の活動も、雄と雌とで異なることが分かっている1-4。一方で、血液や腸など目立った性差のない組織の幹細胞の機能にも性的二型性が見られるかどうかについては、基本的な疑問であるにもかかわらず、答えはまだ出ていない。今回、ベイラー医科大学(米国テキサス州ヒューストン)の中田大介ら5は、血液系と免疫系の細胞を作り出す造血系の幹細胞の挙動が雄と雌では確かに異なることを見いだし、2014年1月23号のNatureに報告した。著者らは、雌の造血幹細胞(HSC)がホルモンであるエストロゲンのシグナルに反応することを明らかにした。このおかげで、母親マウスは妊娠中の造血要求に応えられるようになるらしい。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度