News

我々の内なるネアンデルタール人

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140402

原文:Nature (2014-01-29) | doi: 10.1038/nature.2014.14615 | Modern human genomes reveal our inner Neanderthal

Ewen Callaway

現生人類はネアンデルタール人との交雑によって寒冷気候への対処能力を高めたことが、今回ゲノム解析から明らかになった。ただ、この交雑でできた雑種はどうやら生殖能力が低かったようだ。

Credit: THINKSTOCK

化石人類であるネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)は、がっちりした体型の狩猟採集民であり、約3万年前に絶滅した。またゲノム解析によって、ネアンデルタール人と現生人類(Homo sapiens)が交雑していたことは、すでに明らかになっている。今回、Science1Nature2に発表された2つの論文で両者のゲノムの詳細な比較がこれまでにない精度で行われ、この交雑には生存に有利に働いた面と不利に働いた面の両方があったことが明らかになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度