News

軟骨魚類に骨がない理由

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140307

原文:Nature (2014-01-08) | doi: 10.1038/nature.2014.14487 | Why sharks have no bones

Brendan Borrell

今回、軟骨魚類として初めて、ゾウギンザメの全ゲノム塩基配列が解読され、脊椎動物の初期進化を知るための重要な手掛かりが得られた。

ゾウギンザメは4億2000万年前からほとんど変わっていないため、そのDNA塩基配列は、他の脊椎動物種と比較解析を行う際の参照用データとして大いに役立つ。

Credit: B. Venkatesh

鼻先が奇妙な形に飛び出たゾウギンザメ(Callorhinchus milii)のゲノム塩基配列が解読された。ゾウギンザメは、ゲノムがこれまでに解読された中で最も原始的な有顎脊椎動物(顎口類)である。この論文はNatureの2014年1月9日号に掲載された1。ゾウギンザメのDNA塩基配列データは、軟骨魚類がなぜ骨(硬骨)を持たないのか、また、ヒトを含む脊椎動物がどのようにして獲得免疫を進化させたのかを解明する上で役立つだろう。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度