News Feature

医療用アイソトープが不足する!

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140312

原文:Nature (2013-12-12) | doi: 10.1038/504202a | The medical testing crisis

Richard Van Noorden

世界の原子炉の老朽化により、近い将来、医療用アイソトープは深刻な供給不足に陥ると考えられている。それに備え、原子炉を使わない医療用アイソトープ製造法を模索している革新的な企業がある。

2009年、2基の研究用原子炉が修理とメンテナンスのために長期間停止した。停止したのは、チョークリバー研究所の研究炉(カナダ)とペッテン高中性子束炉(オランダ)で、どちらも建造から半世紀が経過していたため予測できないことではなかった。しかし、深刻な医療用アイソトープ不足に陥った。世界中で使用されている「テクネチウム99m」と呼ばれる放射性トレーサーのほとんどがこの2基で作られていたためだ。画像診断のためにテクネチウム99mを投与される患者は1日に7万人に上る。この事態に世界中の病院がパニックになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度