News

リンネのゾウ標本をめぐる物語(上)

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140320

原文:Nature (2013-11-04) | doi: 10.1038/nature.2013.14063 | Linnaeus’s Asian elephant was wrong species

Ewen Callaway

分類学の父と呼ばれるリンネが「アジアゾウ」の分類の基準とした アルコール漬けの標本は本当にアジアゾウなのか?この疑問が、最先端のプロテオミクスによって、300年の時を経て解明された。顛末を、Nature PodcastチームのEwen Callawayが過去と現在を織り交ぜながら詳しく掘り下げた。

リンネが「アジアゾウ」の基準として指定した標本。

Credit: SWEDISH MUS. NAT. HISTORY

自然史を主に扱う博物館には、展示されているもの以外にも、生物種を同定する際の基準となる貴重な生物標本が多数保管されている。基準になる標本は、発見者が新種として公式に命名して報告した論文に記載されたもので、「タイプ標本」と呼ばれる。わざわざ来館者に告げられることはないものの、博物館には種を誤って同定された生物標本が多数あり、タイプ標本にもそうした誤りがいくつも見られる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度