News & Views

2000万回もの波に耐える海藻の秘密

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140222

原文:Nature (2013-11-21) | doi: 10.1038/503345a | High-endurance algae

Emily Carrington

海岸に生息する海藻には打ち寄せる波から繰り返し力がかかり、その力による組織の疲労は海藻の死につながりかねない。しかし、ある海藻を観察したところ、その茎状の部分の節の構造には横方向の結合がなく、巧妙な仕組みで負荷による疲労に耐えていることが分かった。

岩の多い海岸に波が繰り返し寄せている。波は約10秒に1回の割合で寄せ、そのたびに岩に付着した植物や動物を襲う。その回数は1日で8000回以上、1年でほぼ300万回にもなる。この環境では、たいていの生物はとても生き延びることはできない。このような厳しい繰り返しの負荷に耐え、繁殖することができるのは、選ばれた少数の生物だけだ。スタンフォード大学ホプキンズ海洋研究所(米国カリフォルニア州)のMark Dennyらは、波打ち際で最も成功した生物であるサンゴモを調べた。その結果、サンゴモの茎状の部分の節に組織の疲労(強度の低下)に耐える構造上の秘密があることを見いだし、Journal of Experimental Biologyに報告した1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度