News

最後まで生き残るのはオオトカゲ?

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140204

原文:Nature (2013-12-11) | doi: 10.1038/nature.2013.14355 | Why lizards may inherit the Earth

Ewen Callaway

オオトカゲ類の呼吸様式は鳥類に近いことが、今回明らかになった。この爬虫類が太古から今日までさまざまな環境で生き延びることができた理由は、その呼吸様式にあるのかもしれない。

Credit: THINKSTOCK

鳥類の呼吸系は、息を吸うときも吐くときも肺の中を空気が一方向に通り抜け、空気中の酸素を血液中に取り込む仕組みになっている。この呼吸様式は主に鳥類特有のものであり、鳥類は飛翔に大量のエネルギーを必要とするためにこうした適応を遂げたと考えられてきた。ところが、爬虫類のサバンナオオトカゲ(Varanus exanthematicus)で鳥類と同様の「一方向性の呼吸様式」が見つかったことが2013年12月11日にNature電子版に掲載された1。その結果、この呼吸様式がいつ現れて、どのような理由で進化したのか、という疑問が新たに出てきた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度