News Scan

大物は急がない

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140206a

巨大恐竜は体が壊れないよう、一歩ずつゆっくりと歩いていたようだ

南米の恐竜アルゼンチノサウルス・フインクレンシス(Argentinosaurus huinculensis)は動き回るのが難儀だったに違いない。それどころか、体重約90tのこの生き物は、単に立っていることさえ難しかったろう。この巨大恐竜が絶滅した後、巨大な足跡とともに大きな疑問が残った。アルゼンチノサウルスはその重い体をどうやって動かしていたのだろうか?

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度