News

オープンデータ化に向かうLHC

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140208

原文:Nature (2013-11-28) | doi: 10.1038/503447a | LHC plans for open data future

Elizabeth Gibney

LHCで得られた膨大な量の実験データの管理方法について、研究者たちは頭を悩ませている。データだけでなく、実験に用いたソフトウエアなども保管しなければ、いずれはデータを解読できなくなってしまうからだ。そこで検討されているのが、データの公開だ。

ヒッグス粒子の崩壊データなど、CERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の実験データが公開される。

Credit: THOMAS MCCAULEY/LUCAS TAYLOR/CMS COLLECTION/CERN

スイスのジュネーブ近郊に位置する欧州原子核研究機構(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を使った実験では、膨大な量のデータが生成する。LHCにはCMS、ATLAS、ALICE、LHCbの4つの実験用検出器があり、そこで収集される情報量は、毎年、約25ペタバイト(1ペタバイトは約1000兆バイト)に上る。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度