News

がん研究では、マウス飼育温度に注意

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140205

原文:Nature (2013-11-18) | doi: 10.1038/nature.2013.14190 | Chilly lab mice skew cancer studies

Heidi Ledford

一般的なマウス飼育室温度では、マウスはストレスを感じ、免疫反応が抑制されることが明らかになった。

Credit: THINKSTOCK

マウスを使った実験の結果は、がん治療薬開発の基盤となることも多い。今回、マウスを飼育する標準室温が、実験結果に影響を及ぼしている可能性が明らかになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度