News

月最大の平原はクレーターではなかった

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2014.141203

原文:Nature (2014-10-01) | doi: 10.1038/nature.2014.16041 | Moon’s largest plain is not an impact crater

Elizabeth Gibny

月探査機の重力測定結果によると、月の「嵐の大洋」は衝突クレーターではなく、地殻の収縮でできた谷で縁取られた平原とみられることが分かった。

月の地球側にある、裸眼で見える暗い平原「嵐の大洋」の周囲には、重力異常をもたらす隠れた構造が地表下に存在する(赤色)。この重力異常から、大昔にできた谷の存在が明らかになったが、谷の描く線はクレーターの縁のように丸くない。

Kopernik Observatory/NASA/Colorado School of Mines/MIT/JPL/Goddard Space Flight Center

月の地球側(表側)には、「嵐の大洋」と呼ばれる広大な平原がある(日本では餅をつくウサギに例えられる暗い部分の一部)。凝固した溶岩でできていて、その直径は約3200kmに及ぶ。嵐の大洋はこれまで、数十億年前に月に小惑星が衝突したためにできた「巨大なクレーター」と考えられていたが、今回、新たな説が浮上した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度