News

ペロブスカイト太陽電池の効率、シリコン太陽電池に迫る

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2014.141215

原文:Nature (2014-09-25) | doi: 10.1038/513470a | Cheap solar cells tempt businesses

Richard Van Noorden

安価な材料で容易に作製できる「ペロブスカイト膜」を使った太陽電池に、業界の関心が集まっている。

現在、ペロブスカイト太陽電池の大きさは郵便切手程度である。実用化にはスケールアップが必要である。

OLGA MALINKIEWICZ, UNIV. VALENCIA

バレンシア大学(スペイン)で光起電力技術を研究する博士課程の学生Olga Malinkiewiczがペロブスカイトのことを知ったのは、2013年4月のことであった。ペロブスカイトとは、最近、低コスト太陽光発電用として期待が集まっている材料である。ペロブスカイトは、現在太陽電池市場の主流で高価な高純度シリコン系と違って、研究室で安価な塩を混ぜ合わせて塗布するだけで容易に膜を形成できる。Malinkiewiczは、すぐに自分で試してみた。「こんなに簡単だなんて信じられませんでした」と彼女は話す。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度