News

3000万人参加のアスピリン調査が米国で始まる

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2014.141113

原文:Nature (2014-08-07) | doi: 10.1038/512018a | US big-data health network launches aspirin study

Sara Reardon

米国で、ビッグデータ医療ネットワークを利用する臨床研究が始動した。

THINKSTOCK

医療分野で最大級のビッグデータ実験の最初のターゲットが定まった。2014年7月29日、米国の非営利団体Patient-Centered Outcomes Research Institute(PCORI;患者中心のアウトカム研究所、米国ワシントンD.C.)の運営陣が、同研究所の最初の臨床試験のテーマを「アスピリン利用による心疾患予防」とすることを表明したのだ。その予備研究には1000万ドル(約10億5000万円)の予算が投入され、PCORIが立ち上げるネットワーク「PCORnet」を利用して研究が行われる。PCORnetは、米国在住の3000万人を対象に、保険金請求や血液検査、病歴などの医療データを収集するためのネットワークだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度