News in Japan

物理学賞は青色LEDを開発した3人に

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2014.141102

松尾義之(科学ジャーナリスト)

2014年のノーベル物理学賞は、窒化ガリウムによる高輝度青色LED(発光ダイオード)を開発した3人の研究者に贈られることになった。赤﨑勇・名城大学教授、天野浩・名古屋大学教授、中村修二・カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の各氏だ。

左から赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏。

Getty Images

青色LEDは、世界の国のどこよりも日本でよく知られている。中村修二博士がかつて所属した日亜化学工業(株)を相手に裁判を起こし、一審ながら200億円という驚くべき勝訴判決が出たからだ。もともとのLEDは、1962年にGE社のホロニアック博士が米国で特許出願している。しかし、彼自身が書いたように、明るい素子は原理的に不可能だと信じられていた。その誤りを正し、1000倍以上、つまり輝度1カンデラを超える今日の“スーパーLED”を生んだのは日本だ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度