News Scan

大型動物ががんを抑える方法

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2014.141109b

ウイルスのゲノム侵入を抑えているようだ

現在71歳になるオックスフォード大学(英国)のRichard Petoは40年前、どの細胞もがんになる確率が等しいとすると、大きな動物は小型動物よりも高い割合でがんになるはずだと考えた。大型動物の方が細胞の数が多く、一般に寿命も長いからだ。しかし彼がこの考えを検証したところ、どの哺乳動物も、がんになる率はほぼ等しいことが分かった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度