News

人体の常在細菌叢は薬の宝庫

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2014.141108

原文:Nature (2014-09-11) | doi: 10.1038/nature.2014.15900 | Vaginal microbe yields novel antibiotic

Erika Check Hayden

ヒトに棲み着いている細菌ゲノムデータから、新規の抗生物質が発見された。

THINKSTOCK

人体に常在する細菌叢の遺伝子の中には、薬として使用できる可能性のある分子をコードしているものが多数存在するようだ。今回、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(米国)の微生物学者で化学者でもあるMichael Fischbachらは、そうした分子の1つとして、膣内の常在細菌が作り出す新規な抗生物質を見いだしCellに報告した1。「ラクトシリン(lactocillin)」と名付けられたこの抗生物質の発見は、医薬の面からみて常在微生物叢に大いに開拓の余地があることを物語っている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度