News

「泳ぐ恐竜」スピノサウルス

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2014.141107

原文:Nature (2014-09-11) | doi: 10.1038/nature.2014.15901 | Swimming dinosaur found in Morocco

Alexandra Witze

背に巨大な「帆」を持つ肉食恐竜スピノサウルスは、半水生恐竜として太古の水辺を支配していた。

Spinosaurus aegyptiacusの骨格を再現したデジタル模型。骨はそれぞれ、標本ごとに色分けされている。今回新たに発見されたのは赤色の部分。

Model by Tyler Keillor, Lauren Conroy, and Erin Fitzgerald/Ref.1

全長15mと、ティラノサウルス・レックスをもしのぐ巨体を誇り、史上最大の肉食恐竜とされている白亜紀の獣脚類スピノサウルス(Spinosaurus aegyptiacus)が、水中生活に適応した「泳ぐ恐竜」だったことが明らかになった1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度