News

毛を生む組織再生のカギは培養法にあった

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140103

原文:Nature (2013-10-21) | doi: 10.1038/nature.2013.13983 | Cultured follicles offer hope for beating baldness

Brian Owens

毛包は、毛髪を生み出し支える皮膚内の器官で、毛髪再生に重要だ。毛包の誘導は、これまでマウスでしか成功していなかったが、今回、古典的な培養法を用いることで、ヒト毛包の誘導にも成功した。

ヒト毛乳頭細胞を培養してできた細胞塊。この細胞塊をヒト皮膚に移植すると、ヒトの毛が新たに生えてきた。

Credit: Claire Higgins/Christiano Lab at Columbia University Medical Center

昔も今も、脱毛症による頭髪の減少に悩む人々にとって人生は不公平なものだ。40年以上も前にはすでに、生まれつき毛のない齧歯類(無毛マウス)に、毛髪形成に重要な毛包と呼ばれる構造を生じさせる方法が明らかになっている。これは、シャーレで培養した皮膚細胞を皮下移植するという方法だ。ところが、これと同じことをヒトで試みてもいっこうに成功しなかった。しかし今回、細胞の培養法を少し変えるだけで、脱毛症の治療にとって有望そうな結果が得られることが分かり、2013年10月21日にProceedings of the National Academy of Sciencesに発表された1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度