News

バッタネズミは、毒サソリに刺されても平気

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140104

原文:Nature (2013-10-24) | doi: 10.1038/nature.2013.14014 | Rodent immune to scorpion venom

Sarah Zhang

今回、このネズミのサソリ毒に対する耐性のメカニズムが明らかになり、薬剤標的として注目されている。

Credit: MATTHEW AND ASHLEE ROWE

クモ形類動物に属するサソリの一種バーク・スコーピオンは、襲ってくる相手を毒針で刺して撃退しようとする。普通はこの毒針で刺されると強烈な痛みが引き起こされるが、バッタネズミは、この毒針で刺されても痛みをほとんど感じない。今回、その理由がようやく解明された。バッタネズミがサソリ毒の痛みを感じないのは、その痛み応答を制御する細胞経路に変異があるためだったのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度