News Feature

21世紀のノーベル賞?

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130910

原文:Nature (2013-06-13) | doi: 10.1038/498152a | The new Nobels

Zeeya Merali

このところ、ノーベル賞より高い賞金の科学賞が相次いで新設されている。一晩で億万長者になる科学者が出るのは結構なことだが、一握りの研究者に巨額の賞金を授与しても、その研究分野が本当に活性化するかどうかはわからない。

Credit: iStockphoto/Thinkstock

Alexander Polyakovの言葉は、数百万ドルの賞を受賞した人間の反応としては落ち着いていたと言える。2013年3月、スイスのジュネーブで開催されたきらびやかな授賞式は、最高潮に達していた。ホスト役を務めたのはハリウッド俳優のモーガン・フリーマンで、英国の歌姫サラ・ブライトマンがオペラ風パフォーマンスで観客を魅了した。一瞬の静寂の後、2013年の「基礎物理学賞」の受賞者としてプリンストン大学(米国ニュージャージー州)の物理学者Polyakovの名前が告げられ、副賞として300万ドルが授与されると発表された。著名な芸術家がデザインした銀のトロフィーを受け取ってステージを下りた彼は、興奮気味に、「この新しい賞は、興味深い実験です」と語った。「これだけ大きい賞は、非常に大きな影響力を持つ可能性があります。その影響は、好ましいものになるかもしれませんし、非常に危険なものになるかもしれません」。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度