News & Views

考古学と霊長類学の出会い

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130922

原文:Nature (2013-06-20) | doi: 10.1038/498303a | Archaeology meets primate technology

Andrew Whiten

ヒトによる石器利用技術の歴史を、現生霊長類の行動学が教えてくれることがわかった。 石のハンマーで木の実を割る野生オマキザルの研究から、その技術的活動に関する時間的・空間的なパターンが明らかになり、考古学的視点から研究可能であることが確認されたのだ。

我々の祖先は250万年以上にわたって石器を作り、それを利用してきた1。青銅製の刃物が石の斧に取って代わったのはたかだか数千年前のことであり、人類の技術的進化の99.9%以上は、打撃用石器(狙いを定めた力によって機能するハンマーや斧)とともにあったといえる2。したがって、現生の霊長類が石器を使用するという発見は、この重要な行動を生きた状態で調べる絶好の機会となったのである。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度