News

マウスの体内で育ったヒトのミニチュア肝臓

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130902

原文:Nature (2013-07-03) | doi: 10.1038/nature.2013.13324 | Miniature human liver grown in mice

Monya Baker

ヒトiPS細胞から肝臓の種(肝芽)を作成し、それをマウスに移植すると、移植された細胞は、自己組織化して機能する臓器になった。

Credit: Takanori Takebe

ヒトの幹細胞から作り出された小さな肝芽をマウスに移植すると、肝臓機能が回復することが研究で明らかになった。まだ予備的な結果ではあるが、これによって、全米で毎年数千人にのぼる肝移植待機患者を救う道が開かれるかもしれない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度