News & Views

ハエ型ロボット

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130920

原文:Nature (2013-06-20) | doi: 10.1038/nature12258 | Flying like a fly

David Lentink

生物学者や航空工学者たちが昆虫の飛翔原理を解明すると、技術者たちは、その空気力学的メカニズムに基づくロボットの製作に着手した。 そして今回、マイクロ製造技術の延長から、最初のハエロボットが空へと羽ばたいた。

秘密の指令センターから送り込まれたハエロボットが、家の中の様子をひそかに監視している―。SF映画などでおなじみのこうしたシーンは、冷戦時代の異常な猜疑心が大衆文化に現れたものであり、純然たるフィクションだった。当時の科学者は、昆虫の飛翔メカニズムを理論的に説明することができなかった。彼らの空気力学理論は固定翼機を前提としていたため、昆虫の翅が作り出す揚力は小さすぎ、その体を空中に浮かせ続けることはできないはずだ、という計算結果しか出なかったのである。けれども、この20年間に、昆虫の飛翔についての空気力学的理解と、その飛翔メカニズムを摸倣・利用したロボットの製作技術が、飛躍的に進歩した。Woodらは、今回、現時点での最高到達点として、実物大のハエロボットの制御飛行に初めて成功したとScienceで報告した(Ma et al.1*

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度