News

「自然に存在するヒト遺伝子に特許は認められない」と米最高裁判決!

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130907

原文:Nature (2013-06-20) | doi: 10.1038/498281a | Myriad ruling causes confusion

Heidi Ledford

2013年6月、ヒト遺伝子特許に関する米国最高裁判決が下された。 この判決理由における新判断に、米国のバイオテクノロジー業界は大きく動揺している。

米国カリフォルニア州アリソビエホにある医療診断機器メーカーAmbry Genetics社の最高医務責任者である遺伝学研究者Elizabeth Chaoが出社すると、職場は祝賀会場と化していた。米国最高裁が2013年6月13日に下した判決で、30年来の慣行を覆し、ヒトの遺伝子に対する特許は無効との判断が示されたからだ。彼女はこの判決を長い間望んでいた。「患者側の大勝利です。皆、涙を流したり飛び跳ねたりしながら歓喜の声を上げていました」とChaoは話す。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度