News Feature

遺伝子組換え作物の真実

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130826

原文:Nature (2013-05-02) | doi: 10.1038/497024a | A hard look at GM crops

Natasha Gilbert

遺伝子組換え作物の導入により、スーパー雑草は本当に誕生したのか?インドの農民は自殺へと追いやられているのか?導入遺伝子は野生種にまで広まっているのか?遺伝子組換え作物をめぐるこれら3つの疑惑に対して、その真偽を検証する。

遺伝子組換え(GM)食品やGM作物をめぐって、長く激しい論争が続いている。それらのうち、いったいどこまでが科学的根拠に基づく知見であり、どこから先が独断や憶測なのか、見極めるのは困難だ。GM作物が最初に商品化されてから20年近い歳月が経過し、その技術は驚くほど広く利用されている。GM作物技術を擁護する人々は、GM作物の導入によって農業生産額は980億ドル以上も増加し、農薬の散布量は約47万3000tも減少したと言う。一方、批判的な人々は、GM作物が環境や社会や経済に悪影響を及ぼすのではないかと懸念している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度