News

脳を透明化する革新的技術!

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130708

原文:Nature (2013-04-11) | doi: 10.1038/496151a | See-through brains clarify connections

Helen Shen

重要なタンパク質などを残して、脳組織を透明化する技術が開発された。この技術は、神経ネットワークの三次元可視化を可能にし、しかも、ホルマリン中に保存されているヒト組織にも適用できるので、脳内ネットワークの解明に大きく貢献するはずだ。

脳を丸ごと透明化する化学処理法が、スタンフォード大学(米国カリフォルニア州)のKarl Deisseroth率いる研究グループによって開発された。この技術は、「コネクトミクス」という、非常に複雑な脳内配線の地図を作ることを目的とした研究分野に弾みをつけるものになるだろう。研究チームは「CLARITY」と名付けたこの手法を用いて、ニューロンの大規模ネットワークをかつてないほど容易かつ正確に可視化することに成功した。CLARITYを使えば、患者や健常者ドナーから提供を受け保管されていた脳も、新しい研究に役立てることができる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度