News & Views

土星の環から大気に雨が降っている

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130732

原文:Nature (2013-04-11) | doi: 10.1038/496178a | Saturn’s ring rain

Jack Connerney

土星の大気には、その環の姿が投影されていることがわかった。土星大気中のイオンの発光の分布を観測したところ、土星の環のすき間に対応するパターンが見つかったのだ。水の氷でできた環から、電荷を帯びた氷が磁力線に沿って大気上層へと運ばれているためらしい。

土星の環の起源と進化の問題は、ここ数十年の惑星探査において、常に特別な難問であり続けてきた。それは、太陽系の形成とも明らかに関連している。土星の環の力学という点では、観測的にも理論的にも多くの進歩があったが、なお大きな疑問が未解決のまま残っている。それが「土星の環はいつどのようにしてできたのか」という根本の問題だ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度