News

「生きた化石」のゲノム解読

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130709

原文:Nature (2013-04-18) | doi: 10.1038/496283a | ‘Living fossil’ genome unlocked

Chris Woolston

古代から生き残る魚類シーラカンスの遺伝子は、遠い過去について、多くを語ってくれる。

Credit: LAURENT BALLESTA/ANDROMÈDE COLLECTION

1938年、南アフリカの1人の漁師が、原始時代にでもいそうな風貌の青い魚が網にかかっているのを見つけた。本人は気付かなかったが、この体長1.5mの魚こそ、20世紀の動物学における大発見だった。7000万年も前に絶滅したと思われていた魚類の一種、シーラカンスだったからである。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度