News

津波漂流物とともに海を渡る生物への懸念

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130606

原文:Nature (2013-03-07) | doi: 10.1038/495013a | Tsunami triggers invasion concerns

Virginia Gewin

2011年3月の東日本大震災の際にがれきとともに津波にさらわれて海に流出したさまざまな生物が、長期間外洋を漂流した後に米国の海岸に漂着している。生物学者たちは、こうした生物を追跡して、現地の生態系への影響を調べようとしている。

2012年6月、鋼鉄とコンクリートからなる重さ165tの物体が、米国オレゴン州中部の海岸に漂着した。物体の正体は、2011年3月に日本で発生した東日本大震災の際に青森県の三沢港から海に流出した浮桟橋だった。漂着物の調査に当たったオレゴン州立大学ハットフィールド海洋科学センター(ニューポート)の海洋生態学者Jessica Millerは、日本の浮桟橋に付着していた生物が15か月も太平洋を漂流した後もなお生きていたことに衝撃を受け、「現実とは思えませんでした」と言う。漂着した浮桟橋には、褐藻やピンク色のフジツボ、エビに似たワレカラという生物などが、厚さ15cmもの層を成してびっしりと付着していて、個体数の合計は数万にも及んだ。2012年12月には、日本から流出した別の大きな浮桟橋がワシントン州の海岸に漂着したが、これにもさまざまな生物が付着していた。生きた生物が付着した船舶やブイなどの漂流物は、オレゴン州やワシントン州のほか、最近ではハワイ州にも漂着し始めている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度