News & Views

“最も近い銀河”までの正確な距離

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130622

原文:Nature (2013-03-07) | doi: 10.1038/495051a | An accurate distance to the nearest galaxy

Bradley E. Schaefer

銀河系(天の川銀河)のすぐ隣にある銀河、大マゼラン雲への距離を正確に測定すれば、宇宙に満ちているダークエネルギー(暗黒エネルギー)の正体に迫る足がかりになる。今回、食連星を使う方法で誤差2.2%の値が得られた。

地球から天体までの距離は、天文学では非常に重要だ。天体の距離がわかれば、宇宙の構造を理解することができる。例えば太陽系の姿を理解したり、銀河系の外にある銀河を識別したりすることができる。天体の物理的大きさの推定値は、天体までの距離が増えるほど大きくなる。また、天体が出しているエネルギーの推定値は、距離の2乗とともに大きくなる。現在、非常に遠くにある超新星の距離を測定して、宇宙の膨張の歴史を解明し、謎めいたダークエネルギーの正体に迫る試みが進んでいる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度