News

3つ目のバンアレン帯が出現

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130504

原文:Nature (2013-02-28) | doi: 10.1038/nature.2013.12529 | Ephemeral third ring of radiation makes appearance around Earth

Ron Cowen

NASAの観測衛星が、3番目のバンアレン帯の出現をとらえた。それは太陽からの衝撃波が消し去るまで、数週間持続した。

2012年8月、米航空宇宙局(NASA)は地球の周りのバンアレン帯(放射線帯)を詳しく調べるため、2機の観測衛星を打ち上げた。バンアレン帯は地球を環状に取り巻いており、そこには高エネルギーの荷電粒子が多量に存在する。バンアレン帯は55年前の発見以来、内外の2つの環からなると考えられていたが、今回、2012年9月に、意外にも一時的に環が3つ存在したことが明らかになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度