News & Views

超新星爆発直前の質量放出をとらえた

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130526

原文:Nature (2013-02-07) | doi: 10.1038/494046a | Going supernova

Alexander Heger

質量の大きな恒星が超新星爆発を起こして死ぬとき、それは非常に明るく、「宇宙の果て」からでも見ることができる。しかし、元の星がどのようなものだったかは、はっきりしないことが多い。今回、大質量星の超新星爆発の直前に起こった質量放出現象が観測され、星の生涯について知る新たな手がかりが得られた。

質量の大きな恒星が死ぬとき、激しい現象が起こる。太陽の約10倍よりも大きな質量を持って生まれた星は、超新星爆発や強力なガンマ線バーストを起こして、その生涯を終える。では、そうした大質量星は、死ぬ直前にどのような姿を見せるのか。ワイツマン科学研究所(イスラエル・レホヴォート)のE. O. Ofekらは、2010年8月に超新星爆発(SN 2010mcと呼ばれる)を起こした大質量星において、爆発のわずか40日前にアウトバースト(急激な増光現象)がみられたことをパロマー天文台(米国カリフォルニア州)の望遠鏡などを使って観測し、Nature 2013年2月7日号65ページに報告した1。このような貴重な観測は、大質量星の最期について、いろいろなことを教えてくれる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度