News

緊縮財政に適応したキャンパス作り

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130519

原文:Nature (2013-02-07) | doi: 10.1038/494019a | Campus girds for lean times

Erika Check Hayden

カリフォルニア大学サンフランシスコ校の新たな医療拠点は、大学の研究体制維持にも貢献しようとしている。

サンフランシスコ(米国カリフォルニア州)のダウンタウンから南東へ約1km。そこに、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の新しいミッションベイ・キャンパスがある。広さは23haあり、ここを訪れると、米国の不景気がウソのように思えてしまう。この地区は、サンフランシスコ再開発計画の主役と位置づけられている。新たに植栽された公園、新しい研究室、バイオテクノロジー会社や製薬会社の事務所が作られ、2015年にオープン予定の289床の医療センター(病院)の建設現場もある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度